外壁塗装の正しい選び方~納得の施工をチョイスしよう~

ローラー

重要なテーマになる

一軒家に暮らす家庭であれば、経年劣化などの影響で外壁塗装を検討する時期がやってきます。外壁塗装は、防水や補強といった住宅環境を守るためにも必要な施工です。もちろん、色や質感などにこだわって、見栄えをアップさせる効果も期待できます。

塗装

時期を見極める

一般的に、住み始めてしばらく経ってから壁のメンテナンスをすることになるでしょう。ベストなタイミングは、家の事情によっても異なります。壁の状態や経済事情に合わせて施工を検討していく家庭が多いはずです。ただ、外壁に問題があるのに放置しておくことは避けたいところです。深刻なダメージを与えて、余計に施工費用がかかってくる場合もありますので、気になる症状が出たら専門業者に相談することが大切です。

刷毛

業者の選定がカギ

塗装業者はいろいろ選択肢がありますが、しっかりと選ぶことがポイントです。料金体系は各業者によって異なります。業者によっては無駄な中間コストが発生するなど、費用が高くなってしまう場合も見受けられます。また、技術力にも定評があるところを探すようにしたいものです。耐久性や見た目にも大きな変化が出てきますので、慎重に選ぶことが重要です。

[PR]
外壁塗装を成功させよう♪
専門業者選びがとっても大切☆

気になる外壁トラブル例

  • ひび割れ
  • 塗装剥げ
  • 雨漏り
  • 粉末が出る
  • 穴が開く
  • 日焼け
  • 落書き
  • グラつく
  • 汚れが目立つ
  • 経年劣化が進む

コストパフォーマンスを考える

面積や塗料によっても値段は変わってきますが、相場としては100万円程度の施工例が多いようです。部分的な施工であれば、数十万円になりますし、全体を新しく替えるのであれば、数百万円規模となります。いずれにせよ安い価格ではありません。少しでも無駄なコストはカットしてくれるような優良業者を見つけることができれば安心です。コストパフォーマンスに優れた業者を効率よくリサーチするなら、比較サイトを使用したり、知人に紹介してもらったりすると節約効果が高まるはずです。

塗料の長持ちランキング

一軒家
no.1

フッ素

最も耐久年数が長いとされている塗料になります。高価格帯になりますが約15年から20年程度は問題なく利用できるはずです。

no.2

シリコン

耐久年数は8年から15年程度が目安になります。費用もリーズナブルになっているため人気の塗料となっています。

no.3

ウレタン

7年から10年程度の耐久性をもつ塗料で、価格や品質のバランスは良いといえるでしょう。ツヤのある質感になります。

no.4

アクリル

耐久性は3年から8年と短めにはなりますが、値段が安いことが魅力となります。汚れや水に弱いですが、強度があり重めの質感で人気です。

施行期間は?

施工期間は内容によってもさまざまですが、長くても2週間程度となるでしょう。施工が終わっても、定期的にメンテナンスにきてもらいたいところです。アフターフォローをきちんとしてもらうことで、より美しく丈夫な状態を長くキープできるはずです。

依頼のフローをチェック

ローラー

業者を決める

外壁塗装業者の情報を集めて、候補をピックアップします。

問い合わせる

何軒か連絡をして、施工内容や費用の概算を確認します。

現場調査

実際に現場までスタッフに来てもらって詳しく診断してもらいます。

見積もり

調査結果をもとに施工プランの提案を受け、見積もりを出してもらいます。

契約

納得のいく内容であれば、契約となり着工です。

[PR]
外壁塗装業者を千葉で利用しよう
家の外観をチェンジ☆

[PR]
名古屋で外壁塗装の相談
丁寧な説明をしてくれる業者選び!

[PR]
外壁塗装はプロに頼むべし!
質の高い施工を提供してくれる!